今昔しごと辞典

映画などを含めがどんな仕事があるか書き残します。分類コードは厚生労働省編職業分類です。

5年後に食えなくなる職業

週間SPAは5年後に食えなくなる職業ランキング*1で10職種をとりあげています。

受付嬢とか速記者などすでに存在感のない職種も入っていますが、参考になります。

職業コメント
1 倉庫作業員 自動化が進むため
2 レンタルビデオ店員 レンタルビデオ店が減るため
3 受付嬢 昔は大企業の入り口にいたけどいまは?
4 電話オペレーター AIに置き換わるのは10年後くらいでは?
5 ホテル受付係 ロボット化が加速するらしい
6 ウェイター、ウェイトレス チェーン店は回転寿し化?
7 タクシードライバー

自動運転が普及するには10年くらいかかるのでは?

トラックドライバーも同様?

8 速記者 すでに絶滅寸前
9 歯科技工士 3Dプリンタなどに置き換わるらしい
10 地銀の銀行員 地方銀行が生き残れるかどうかという問題

 

その他AI技術の発展で食えなくなる職業として次の職種を例示しています。

2030年には弁護士もコンサルも危うくなるようです。高い運動能力を発揮できる場がスポーツになったように、知的能力を発揮する場はクイズ大会とかだけになるんでしょうか?

時期職業コメント
2020年

警備員、ホテル受付、倉庫スタッフ、彫刻師、時計修理工

自律的な行動
2023年

飲食店の案内係、家事代行、カジノディーラー、ネイリスト、レジ係、タクシードライバー、電話オペレーター

環境認識能力の向上

2025年

翻訳、スポーツの審判、金融、薬剤師・弁護士補助

言語理解
2030年

弁護士、介護スタッフ、秘書、経営コンサルタント

大規模な知識理解

*1:週間SPA 2015/11/3-11/10合併号