今昔しごと辞典

映画などを含めがどんな仕事があるか書き残します。分類コードは厚生労働省編職業分類です。

介護プロフェッショナルキャリア段位制度

「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」とは
介護サービス分野における新しい職業能力を評価する仕組みであり、事業所・施設ごとに行われてきた職業能力評価に共通のものさしを導入し、これに基づいて人材育成を目指す制度で、厚生労働省が評価の仕組みの普及促進を「介護職員資質向上促進事業」として行っている。
1.評価基準の策定及び改善
2.事業所内部における評価者の養成
3.事業所内部における評価の実施に対する相談・支援
4.被評価者の評価基準に対する到達度の認定の実施
5.評価の質を担保するための取組
6.普及・広報活動

 27年度予算額 2870万円

資料:厚生労働省ホームページ>プロフェッショナルキャリア段位制度
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000078697.html

一般社団法人シルバーサービス振興会が実施する事業の実績
・アセッサー(評価者) 7817名(2015.3.31現在)
・レベル認定見込み者数 4734名(2015.10.1現在)
・レベル認定者数    754名(2015.10.22現在)
資料:介護プロフェッショナルキャリア段位制度ホームページ
https://careprofessional.org/careproweb/jsp/

段位制度なのにレベル1から7だし、キャリアとかプロフェッショナルとか怪しいワード満載ですが公的な事業のようです。
介護福祉士だけじゃダメなのか?